店長日記

ダイエットしたらSLATEでS-WORKS ROUBAIXに肉薄

こんにちは。
万年ダイエッターの店長ですw

しかし!「万年ダイエッター」の汚名?を返上する日がとうとうやってきました( ̄▽ ̄)
9月20日から気合を入れなおして約二か月目。ついに7kg減量達成です(^^)/

もうね、椅子に座る動作からして楽!
歩こうと一歩踏み出しただけで楽!
なので店近くの峠を登ってきました。

マシンはキャノンデールのSLATEに700-28cタイヤを履かせた仕様。


結果、2年前にS-WORKS ROUBAIXで記録した直近4年間の自己ベストとほぼ同タイム出ましたよ。

ふたつを重量で比べると、今回マシン重量がプラス3kg、体重がマイナス7kg。合計でマイナス4kg。

つまり、これは「S-WORKS 一台100万円の価値はダイエット7kg分ですよ」と言ってしまっても大きな間違いではないということですねw

ブルーベリーの紅葉

冷えてきましたね~
この季節、我が家のブルーベリーさんも綺麗に色づきます。

各地の紅葉も今が見頃なのではないでしょうか?
みなさまも紅葉サイクリングをぜひお楽しみください(^^)

紅葉ライド

先日、お客様と三原の仏通寺までサイクリングしてきました。
初心者の方や剛脚さんもいる多品種?なメンバーで新鮮なライドでしたw

当店では日曜日の午前中のみの中初心者向けライド(30~50km)を不定期で開催しています。お気軽にお問い合わせください(^^)

S-WORKSターマックの限定モデル登場!

S-WORKSターマックフレームセットに限定モデルが登場しました。
ほかの人とはちょっと違う希少な限定モデルを手に入れるチャンスです。
数量が少ないため早いもの勝ちです!




  • 2016.03.11
  • 20:25

S-WORKS VENGE VIAS DI2

今夏発表されたスペシャライズドの最新最高のエアロロード「S-WORKS VENGE VIAS DI2」がやってきました!



文句なしにかっこいい!


しまなみ試乗会にて試乗した感じでは見た目の印象よりも普通に乗れてそこそこ登れるロードバイクでした。
もちろん平坦路は最速でしょう。

しかし、速く走らなくてもアドレナリンが湧きでてくる楽しいバイクです(*^_^*)




まったく新しいS-Works Venge ViAS Di2は、世界最速のバイクを作るという目標を掲げて開発されました。このバイクの設計作業は、まず自社内に風洞実験施設Win Tunnelを造るところから始まり、1000時間以上のテスト、プロトタイプ作り、改良が重ねられました。そしていま、目標を達成できたと自信を持って言うことができます。卓越した性能の一番手は、段違いの空力学特性を持つRider-First Engineered™フレームとフォークです。そこに、SPECIALIZED史上最もスピードの出るRoval CLX 64ホイールセットで効果を上乗せ。さらに空気抵抗ゼロのブレーキとAerofly ViASコックピットを装備したS-Works Venge ViAS Di2は、文句なしに世界最速のバイクです。


  • 2015.12.21
  • 17:40

SPECIALIZED SHIV ドロップハンドル化

トライアスロンで大活躍中のスペシャライズドSHIV。
これをお客様のご要望でドロップハンドル化しました。(レース出ない方のポタリング用なのでw)

元々はトライアスロンに適したエアロバーでした↓



ワイヤー内装のフレームに同じく内装ハンドルを組み合わせるのでワイヤーの引きをできるだけ軽くするため、ワイヤーの取り回しには気を使いました。

できました。↓




なんとな~く、新型VENGEに似てない?w

これから細かなセッティングを煮詰めていきます。

  • 2015.12.19
  • 09:42

MASI Speciale Sprint

伝統のクロモリフレームを継承するバイクメーカーのMASI。
クラシックな雰囲気のピスト、Speciale Sprint 。(99,000円税別)

美しいですね~。
クロモリフレームも大好きな店長はウキウキ気分です(*^_^*)



もちろん前後ブレーキも標準装備!(←ここ大切)



ピストのリアホイールのギアはなんと両側についているんですよ。
後輪を取り外してグルっと向きを変えて取り付けると反対側のギアを使えます。

片方は普通のフリーギア。自転車ってペダリングをとめても自転車は進んでいきますよね。
反対側のギアは固定ギア。常にペダルを回さないといけないんですが、足の力がダイレクトに伝わって効率よく進むので競輪の自転車では採用されているギアです。

コーナーでも常にペダルが回り続けるのでペダルと地面が接触する可能性がありますから、特性をよくよく理解して乗る必要があります。
また、ビンディングシューズで乗ると発進や停車時にコツが必要です。
なので競輪場のような場所で乗るのが良いですね。

でも、上手に力をペダルへ伝えるコツを掴むにはもってこいの乗り物だと言う方も!

店長も一台欲しいバイクです(*^_^*)





自転車の原点

自転車を手に入れたらどこを走るか想像してください。車両の多い国道沿い。分水嶺をこえるような険しい峠越え。里山の急峻なダート。河川敷の整備されたサイクリングロード。しかし、一つお忘れではありませんか。トラックというスピードを競うことに重点を置いたオーバルコースというフィールドを。環境の変化に影響されにくく単純にスピードを試す競技場で、華やかな勝利を飾ることが許されたバイクがSPECIALE SPRINTです。余計なものを省いてシンプルに乗る楽しみ満喫できるよう固定ギヤ・フリーギヤとどちらでも使えるよう、完成車として始めからアッセンブルされます。もちろん、一般公道での走行を想定しているバイクなので、前後ブレーキは標準装備です。

  • 2015.12.12
  • 10:41

クイックリリース リコール

スペシャライズドとキャノンデール(及び他メーカー)が、ディスクブレーキかつフロントクイックリリース仕様の一部のバイクにおきましてリコールを発表いたしました。

フロントクイックリリースが開いた状態になった時、ディスクローターに接触する可能性があります。
・接触する可能性のあるフロントクイックリリースのカムレバーが装備されたバイクは、下記図1です。
・適切な間隔が保持できるフロントクイックリリースのカムレバーが装備されたバイクは、下記図2です。

図1のクイックリリースは、不適切に調整されまま乗車した場合、クイックリリースが開放してカムレバーがディスクローターに接触する可能性があります。
走行中に接触した場合、フロントホイールが脱落したり、急停止しコントロールを失って転倒する恐れがあります。



対象モデル
2003年~2013年に製造されたスペシャライズドバイクと1998年~2015年に製造されたキャノンデールバイクで、ディスクブレーキかつフロントクイックリリース仕様でフロントクイックリリースが開いた場合にディスクローターに接触する可能性のあるレバーが装備されているバイク。

・完全に開放した場合、ディスクローターとの間隔が6mm未満の場合は対象です。
・完全に開放しても、ディスクローターとの間隔6mm以上の場合は対象外です。

スペシャライズドとキャノンデールのバイクで該当車種をお持ちの場合、当店にてリコール手続きを行います。

  • 2015.11.22
  • 14:36

スペシャライズド しまなみ試乗会(TTB in しまなみ海道)

今朝はしまなみ海道 多々羅しまなみ公園で開催されているスペシャライズド試乗会へ行ってきましたよ~(*^_^*)

お目当てはなんといっても今夏発表された新型VENGEですね!

http://www.specialized.com/…/ro…/venge/sworks-venge-vias-di2

私は7月の神奈川試乗会で雨で乗れず。9月の大阪試乗会も雨!で乗れずだったので、今朝の晴天が本当にうれしかったですw

さて、その新型VENGE、まず最初のひと踏み目でハッキリ違いがわかります!
S-WORKSターマックの漕ぎ出しに近い感覚です。軽~くススッと進みます。
そして、35km/hあたりからの伸びは気持ちが良いー!!
激坂での試乗はできませんでしたが、スタッフさんの話では登りもけっこういけるそうです。実際にS-WORKS ROUBAIXと比較して計ったところ、ヒルクライムタイムはほとんど変わらなかったそうです。VENGEは64ミリディープホイールを履いているのに、です。これはすごいです。

乗ってみて新型VENGEの印象は平坦が最高だけど登りもいけるオールマイティに使えるスーパーバイクです。そして乗り心地はTARMACよりも優しい。
普段使いできる価格ではありませんが、かなりおすすめできるバイクです(*^_^*)

もちろん、S-WORKS TARMACやS-WORKS ROUBAIX等も試乗可能なのでぜひお楽しみ下さい(*^_^*)

  • 2015.11.21
  • 14:07

MTBのシーズンインですね~♪

11月に入り、いよいよマウンテンバイクのシーズンがやってきましたね~(*^_^*)

(10月の中旬からマウンテンバイクに乗って時々山へ登っていたのですが、その頃は気温が高くてクモの巣を何個も顔面キャッチしてました。もう慣れっこなので気にしてませんけどw)

さっそくお友達と朝日ライドに出かけてきましたよ。
山の上から見る朝日は最高に綺麗です!



朝日の次はいよいよ楽しい下りです。

でもムリはいけませんよ。
危ないと思ったら素直にバイクから降りましょう~


今シーズンもケガなくみんなで楽しみましょう(^o^)

  • 2015.11.03
  • 14:39

Beelineについて

実店舗のご案内
サービスメニュー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

QR

ページトップへ